1-1.置き換えダイエットってホントにやせられる?


001置き換えダイエットとは、1日3食のうちの1食をダイエットフーズなどに置き換えて、1日の総摂取カロリーを抑えて、体重を落とそうとするものです。

一般的に1日の食事で摂取するカロリーは成人女性の場合1800キロカロリー程度が理想といわれています。これは、軽いデスクワークをこなす女性の場合で、重労働をこなす男性などは1日3500キロカロリー程度が必要とされています。

必要」というのは、カラダを維持するためのもので、
1.(1日の摂取カロリー)=(1日の消費カロリー)
であれば、体重の増減は理論的に起こりません。この式が
2.(1日の摂取カロリー)>(1日の消費カロリー)
であれば体重は増加し、逆に
3.(1日の摂取カロリー)<(1日の消費カロリー)
であれば、体重は減っていくというわけです。

置き換えダイエットは1日の消費カロリーはそのままに、つまり特別な運動などをせずに、左辺の1日の摂取カロリーを減らして、体重を落とそうとするものです(つまり、3番目の式)。

さて、1日の食事のバランスにはいろいろな考え方がありますが、ここでは3食平均的にカロリーを摂るということで考えてみましょう。
平均的な女性をモデルに1日2100キロカロリーを食事で摂取するとすると、1食あたりは700キロカロリーとなります。
ところで、置き換えダイエット食品はだいたい1食あたり200キロカロリーです。すると、

(1日の総摂取カロリー)=(通常食700キロカロリー)× 2 +(ダイエット食200キロカロリー)=1600キロカロリー

で、1日あたり、500キロカロリーの減量となります。

burger脂肪は1キロで9000キロカロリーですが、体脂肪は20%の水分を含みますので、体脂肪1キロでは7200キロカロリーです。
1日あたり500キロカロリー減だと1週間で3500キロカロリー減、体脂肪換算では約0.5キロに、1か月(30日)では1万5000キロカロリー減、体脂肪換算で約2.1キロとなります。
つまり、減らしたカロリーをすべてカラダの脂肪で補填したとすれば(1日の必要なエネルギーを食事で補えなかったので脂肪を燃焼させる)、置き換えダイエットを1か月続けると2キロほどダイエットできるということになります。

と、もちろん、上の記述は理論値であり、カラダが不足したエネルギーをすべて体脂肪でまかなうわけもなく、また、低カロリーを続ければカラダの代謝も変わってきて…などありますが、摂取カロリーを低く抑えれば、(体脂肪が少なくなるかどうかはともかく…、つまり筋肉や骨、その他の部分が減っていることも含め)体重は落ちていくのは確かです。ただし、長期間にわたって低カロリーを続けると、確実に健康に問題が出てきますので注意が必要です。

でも、であれば、なにもわざわざ1食をダイエットフーズに置き換えなくても、「1食を抜く」「1食あたりのカロリーを減らす」ではだめなのでしょうか?
そのあたりを見てみましょう。



HOME > 置き換えダイエットって? > 1-1.置き換えダイエットってホントにやせられる?